資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

【おすすめ】読書はコスパ最強の自己投資

f:id:kig58od2:20210314163218j:plain

どうも!資格取得サラリーマンのKachiです!

みなさんは自己投資と聞いて何をイメージしますか?

 

英会話スクールに通う

仕事用の服や鞄を買い換える

美容院やエステで身だしなみを整える...etc

 

正解はありませんので人の数だけ自己投資があります。

ただどうしても気になってしまうのが「お金」ですよね。

大金持ちでもない限り、自己投資に振り向けられるお金は限られています。

そこで今回は、

 

お金がかからない自己投資は?

自己投資ってそもそも何したらいい?

現時点でなんのスキルもないけど大丈夫?

 

というような疑問お答えしていきたいと思います。

先に結論をお伝えしてしまうと、コスパ最強の自己投資は読書です。

それでは、さっそくいってみましょう!

この記事を書いた人
20200404185151

 

Kachi@資格取得サラリーマン(子育て1年目)

 

早稲田大卒⇨1部上場企業の営業マン。仕事・家事・育児・資格勉強の両立に挑戦中。

日々の学びを週2回ブログで発信しています。目標は士業として独立すること。

アメックスプラチナの特典を利用して、家族と優雅な休日を過ごすのが趣味。


【取得済み資格】
・行政書士
・ビジネス実務法務検定2級
・FP技能士2級
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・ITパスポート

【勉強中の資格2021】
・社会保険労務士
・簿記2級

 

 

自己投資の内容は目標による

 
 
自己投資って何したらいいですか

 

まずはこの疑問にお答えしていきます。

ドライに聞こえるかも知れませんが、「自分の目標による」というのが結論です。

 

例えば、受験を控えた高校生であれば、予備校に通うとか模試を受けるのは自己投資にあたります。
また、プロ野球選手であれば、体のメンテナンスや食事なども自己投資になるでしょう。

 

では、社会人はどうでしょうか。

特にサラリーマンは明確な目標を描きにくく、自己投資の内容は無数にあると思います。

仕事に活かすためのスキルアップもプラベートを充実させる趣味も自己投資になりそうですからね。

「海外赴任に備えて英会話スクールに通う」とか、

釣りが好きだから船舶免許を取りたい」とか、

明確な目標がない場合どうしたらいいのでしょうか。

ありきたりですが、まずは興味のあることにはなんでも手を出してみることをおすすめします。

「これは面白い!」とか「自分のためになる!」とか「続けたい!」と思えるようなことを探していくのです。

日本の文化でしょうか、「途中で投げ出すのはよくない」という空気がありますが、そんなことはないと思います。

試しにやってみて、つまらなければやめてしまえばOKです。

「なんかかっこいい」というイメージだけで英会話スクールに大金を投入するのではなく、

試しに無料体験を受講してみて「本当に英語が必要なのか」「楽しみながら継続できるのか」を判断する感じですね。

 

 
 
そうはいっても何かを始めるにはお金がかかるから厳しいよ

 

という声もあろうかと思います。

そんな方におすすめなのが読書です。

読書で得られる幅広い知識は、必ず人生のプラスに働くからです。

「今まで知らなかったことを知る」というのは最高の自己投資でもあります。

何を始めるにも、そのことを知らなければ始めようとすら思えないはずです。

ラーメンの存在を知らなければ、ラーメンが食べたい!とはならないのと同じです。

読書によって身に付けた幅広い知識は、その後の行動にも影響を及ぼします。

何より「知識」は一生モノであり、誰にも盗まれることがないというのも魅力的なポイントです。

コスパ最強の自己投資は読書

なぜ読書がコスパ最強の自己投資と言えるのか。

理由は大きく3つあります。

 

  • 得られる情報量が多い
  • コストがかからない
  • 時間と場所に縛られない

 

それでは1つずつみていきましょう。

得られる情報量が多い

最近はYouTube等の動画コンテンツに勢いがありますが、「情報量」はやはり書籍に軍配が上がると思います。

 

例えば、「おすすめのクレジットカード5選!」みたいな動画があるとします。

おそらく視聴者が必要な情報はクレジットカード名と特典内容ですよね。

テキスト情報(本)であれば1-2分でインプットできる情報量なのに「10分以上かけて動画を見る」なんてことは普通に起こります。

書籍であれば10分間で、「クレジットカード名・特典内容・使用レビュー・口コミ・お得な入会特典・キャンペーン情報」までインプットできるかもしれません。

 

少し話がそれましたが、新書1冊は約10万文字と言われている通り、書籍から得られる情報量はとんでもなく多いです。

初めて勉強をするような分野でも入門書を3−5冊読めば概要は大体把握できてしまいます。

加えて、書籍は著者の叡智の集合体でもあります。

「影響力の武器」という世界的ベストセラーをご存知でしょうか。

人の態度や行動を変化させる心理的な力について簡潔に解説をしてる名著で、

なぜ、お笑い番組は笑い声が入っていた方が面白いのか

なぜ、品薄な商品だと欲しくなってしまうのか

など興味深いテーマが盛り沢山です。

著者のロバート・B・チャルディーニ先生から心理学を教わることは難しくても、

1冊3,000円程度の書籍を購入すれば、その研究成果を享受することができるのです。

もちろん全てを理解する必要はありません。

1つでも新しい知識が身に付けば、その読書は成功と言えます。

時間と場所に縛られない

読書は、時間と場所を選びません。

いつどこでどんな本を何ページ読もうが完全に自由です。

多忙な人ほど、「時間と場所が自由」というのは大きなメリットになるはずです。

 

例えば、スキルアップのために資格試験の予備校に通うとします。

カリキュラムが平日19時〜21時だとすると、残業の発生は絶対に避けなければなりません。

職場での歓送迎会や友人との飲み会も参加不可です。

家族で夕食なんてのも難しいかも知れません。

 

一方、読書であれば事情は真逆です。

平日19時〜21時に読書してもいいですし、帰宅中の電車でも就寝前でもOKです。

気分が乗らなければ翌日に回してしまってもいいわけです。

このように仕事はもちろん、家族や友人との時間も大切にできるのが読書のメリットです。

「絶対にやらなければならない」のと「やりたければやればいい」では心理的負担が段違いです。

ただ、毎日紙の本を持ち歩くのは大変なので、電子書籍を強くおすすめします。

スマホやタブレットなら毎日持ち歩いているからです。

SNSで無駄に時間を潰してしまうなら電子書籍を数ページ読み進めた方がためになります。

 

 
 
画面は見すると目が疲れるから紙の本がいいんだよなぁ

 

という方はKindle Paperwhiteを買ってください!

めちゃくちゃおすすめです!

 

 

コストがかからない

読書は数ある自己投資の中でも圧倒的に低コストです。

 

仕事用のスーツや鞄を購入

スキルアップのために英会話

美容院やエステで身だしなみを整える...etc

 

例えばこれらの自己投資をする場合、最低でも数万円以上はかかりそうですよね。

場合によっては何十万円も必要になってしまうかも知れません。

明確な目的があれば問題ありませんが、なんとなくやってみるには金銭的なハードルが高すぎます。

一方、読書であれば1冊数百円〜数千円の費用があれば十分です。
しかも、たったそれだけの投資で、他人が築き上げてきた知識の集合体を手に入れることができるのです。

また、書店で立ち読みができる点も見逃せません。

色々な書籍を読んで、比較して、口コミを調べることで、これは失敗だった」という買い物を極力減らすことができるからです。

コンビニでスイーツを買うときに食べ比べなんてできませんが、書籍の場合はやりたい放題です。笑

読み放題サービスを活用しよう

f:id:kig58od2:20210314170601p:plain

 
 
読書がコスパ最強なのはわかったけど、何冊も本を買うお金はないよ

 

そんな方におすすめなのが、Kindle Unlimitedです。

簡単に説明すると、「月額980円で200万冊以上の電子書籍が読み放題になる」というサービスです。
Amazonユーザーであれば、すでに登録済みという方も多いと思います。
私はビジネスジャンルを読み漁っているので、他のジャンルについてはあまり詳しくないのですが、小説やコミック、雑誌、洋書など、幅広いジャンルが用意されています。

Kindleアプリをダウンロードしておけば、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧可能なので、
本当にいつでもどこでも読書ができるようになります。

 

 
 
でもさ、Amazonプライム会員でも読めるよね?

 

という方は鋭いですね!

確かにAmazonプライム会員の特典として、「Prime Reading」というものがあります。

こちらも電子書籍を無料で読めるサービスなのですが、書籍の数に圧倒的な差があります。

f:id:kig58od2:20210314170721p:plain

比較表を見て頂ければ違いは一目瞭然かと思います。

Kindle UnlimitedはAmazonプライム会員でなくても契約できますが、

Prime Readingは「Amazonプライム会員の特典のひとつ」なので注意が必要です。

いずれにしても、書籍数が200万冊というのは圧倒的ですので、自己投資をするには十分すぎるかと思います。

初回30日間は無料で試すことができるので、興味のある方はぜひ体験してみてください!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、読書はコスパ最強の自己投資というテーマを取り上げました。

「自己投資と言われても何をしたら良いかわからない」という方は、そもそも情報量が不足しているかも知れません。

行ったこともない国にまた行きたいなぁとはならないのと同じです。

そんな時こそ読書の出番です。

読書は圧倒的な低コストで、優良な情報を大量にインプットすることができます。
何をするにも、「もっと知識があればなぁ」と後悔することはあっても「知識がありすぎるなぁ」と困ることはありません!

少しでも参考になれば幸いです。

では、また!