資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

〜独学で宅建士〜 第6回 媒介の種類

資格取得サラリーマン
どうも!資格取得サラリーマンのKachiです。

今回は媒介の種類についてまとめていきたいと思います。

媒介とは、当事者から依頼を受けて、契約成立を目的に活動する行為のことです。

媒介には3種類しかありませんが、細かい箇所を狙われないよう対策が必要です。

 

この記事を書いた人
20200404185151
Kachi@資格取得サラリーマン

早稲田大卒⇨1部上場企業の営業マン。週3日(水・土・日)更新のブログでは、資格試験の勉強で得た、社会生活で役立つ知識(法律や税金・資産運用など)や勉強法を発信しています。

【取得済み資格】
・行政書士
・ビジネス実務法務検定2級
・FP技能士2級
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・ITパスポート】

【勉強中の資格2020】
・宅地建物取引士
・簿記2級

 

 

一般媒介契約

資格取得サラリーマン

一般媒介契約は、特に制限がなく割と自由な契約内容になっています。

それぞれの項目を個別に見ていきましょう。

他の業者への依頼

例えば、自己所有のマンションを売却したいと思っている場合、A業者にもB業者にも依頼ができます。

自己発見取引

自分でお客さんを見つけることができます。

有効期間

制限はありません。

業務処理状況報告

制限はありません。

指定流通機構へのr登録期間

制限はありません。

売買・交換の申込みがあった場合の報告

遅滞なく行う必要があります。

専任媒介契約

資格取得サラリーマン

他の業者への依頼

例えば、自己所有のマンションを売却したいと思っている場合、ひとつの業者にしか依頼ができません。

自己発見取引

自分でお客さんを見つけることができます。

有効期間

3ヶ月以内(MAX3ヶ月)となります。

依頼者からの申し出があれば契約更新は可能ですが、期間は3ヶ月以内となります。

業務処理状況報告

休業日も含んで、2週間(14日)に1回以上は状況を報告しなければなりません。

これより不利な条件(例えば20日に1回など)は無効となりますが、有利な条件(10日に1回など)は有効となります。

指定流通機構への登録期間

契約締結日から、休業日を除いて7日以内に登録が必要になります。

なお、登録に必要なのは、以下の3点です。

 

  • 登録番号
  • 取引価格
  • 契約成立年月日

 

依頼者の氏名や住所は登録の必要はありませんので、注意が必要です。

売買・交換の申込みがあった場合の報告

遅滞なく行う必要があります。

専属専任媒介契約

資格取得サラリーマン

他の業者への依頼

例えば、自己所有のマンションを売却したいと思っている場合、ひとつの業者にしか依頼ができません。

自己発見取引

自分でお客さんを見つけることができません。

有効期間

3ヶ月以内(MAX3ヶ月)となります。

依頼者からの申し出があれば契約更新は可能ですが、期間は3ヶ月以内となります。

業務処理状況報告

休業日も含んで、1週間(7日)に1回以上は状況を報告しなければなりません。

これより不利な条件(例えば10日に1回など)は無効となりますが、有利な条件(5日に1回など)は有効となります。

指定流通機構への登録期間

契約締結日から、休業日を除いて5日以内に登録が必要になります。

なお、登録に必要なのは、以下の3点です。

 

  • 登録番号
  • 取引価格
  • 契約成立年月日

 

依頼者の氏名や住所は登録の必要はありませんので、注意が必要です。

売買・交換の申込みがあった場合の報告

遅滞なく行う必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度覚えてしまえばどんな問題がきても対応でそうな分野だと思います。
なお、媒介契約が成立した場合、書面を作成して交付しなければなりませんが、賃貸の場合には必要がないことと、宅建業者の記名押印が必要なことには注意が必要です。

 

  • 「賃貸の媒介契約でも交付しなければならない」
  • 「宅建士の記名押印が必要」

 

と記載があれば間違いだと判断しましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

では、また!