資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

アメックスプラチナの年会費を簡単に回収する方法【家族で使い倒すだけ】

どうも!Kachiです! 

今回はアメックス・プラチナ・カードの年会費について考えてみます。年間14万円も支払うわけですから、少しでも元をとりたいですよね。こんな貧乏人マインド全開の私でも数年保有できているので、年会費が高すぎるという理由で保有を諦めるのはやめてください。笑 しっかり活用すれば年会費以上の価値を見出すことは可能ですので。

結論だけ先に書くと【家族で使い倒しましょう】ということになります。アメックス・プラチナ・カードの特典で家族との時間がより充実させると、年会費を回収できる確率もグンと高まりますよ。

 

 

キャッシュバックの活用

まずはキャッシュバック特典のご紹介。「アメックスのキャッシュバックって高級レストランとかでしょ?」と思われるかもしれませんが、日常使いできるお店もたくさんラインナップされています。コンビニやスーパーはもちろん、ドラッグストアやファストフード店などは利用しやすいですね。だいたい上限を1,000-3,000円くらいとして、5-30%のキャッシュバックといった具合です。たかが1,000円と思うかもしれませんが、何店舗も重なるとなかなかの金額になります。

また、たいていは家族カードも対象になりますので、家族ぐるみでフル活用すれば何倍にもお得です。笑 今年は案内がありませんが、昨年までで個人的にお気に入りだったのが、「ヨドバシカメラ」でのキャッシュバック。上限を30,000円として30%がキャッシュバックされるというもの。さすがに対象は本カード会員のみでしたが、家電が3割引きで購入できるとあって、我が家でも何を買うか議論を重ねました。笑 

今年は前述の日常使いの店舗だけでも1万円以上はキャッシュバックされているので、非常にお得感じがありますね。高級ホテルでのキャッシュバックもカウントすれば、余裕で数万円に達します。これだけで年会費の数十%は回収できるので、使わない手はありません。

家族カード特典のフル活用

家族カード特典のフル活用 続いて、絶対に活用して欲しいのが家族カードです。一般的なゴールドカードやプラチナカードは、「家族カード1枚まで年会費無料」で、2枚目以降は1万円以上の年会費が発生することが多いように思います。一方、アメックス・プラチナ・カードはなんと、「家族カードが4枚まで無料」という太っ腹っぷり。本人カードと合わせて5枚まで無料で発行できます。14.3万円の年会費をカード1枚あたりに換算すると、おおよそ28,600円。そう考えると、意外と手が届きそうな気がしませんか?

「ただカードが増えただけでメリットなければ意味ないじゃん」と思ったそこのあなた。とんでもないメリットがたくさんあるのでご紹介します。まずは前述のキャッシュバック。全てではありませんが、ほとんどが家族カードでも対象になります。例えば、上限1,000円分のキャッシュバックでも、家族5人なら5,000円にもなります。意外とバカにできない金額です。続いて高級ホテルでの特典。家族カード会員であっても、ヒルトン、マリオット、プリンス、ラディソンの上級会員資格をゲットすることができます。家族旅行などで2部屋以上予約する場合はもちろん、家族が単独で旅行へ行く場合などにも絶大なメリットがあります。これだけで年会費相当を回収することも可能です。

 

 

 高単価ホテルでフリーステイギフトを活用

最後は、高級ホテルの無料宿泊券。アメックス・プラチナ・カードはカード更新時に、「フリーステイギフト」と呼ばれるチケットもらうことができます。ホテルごとに除外日が設定されているものの、ほぼ年間を通じて好きなときに宿泊が可能です。1泊2名(素泊まり)スタンダードルームへの宿泊となりますが、対象はヒルトン、マリオット、プリンス、オークラ、ハイアット…etc名だたる高級ホテルばかり。1泊2万円以上はしますので、是非とも利用したい特典のひとつです。うまく活用できれば1泊6万円の宿泊が無料になることも!

個人的におすすめなのは、「ヒルトン」もしくは「プリンス」系列のホテルですね。理由は単純で、上級会員特典との相性が抜群だから。フリーステイギフトだけだと「1泊2名素泊まり」になってしまいますが、上級会員特典を併用することで、「1泊2名、朝食付き、客室アップグレード、レイトチェックアウト」という至れり尽くせりの滞在へ様変わりするからです。

客室アップグレードとレイトチェックアウトは、当日の空き状況次第になるので確約ではありませんが、過去の経験上はかなりの高確率(9割以上)で適用いただいています。ホテル朝食は3,000円/人以上はしますし、アップグレードやレイトチェックアウトには、宿泊料の30%超が発生することも。無料宿泊で滞在するのにこれらの特典も付与されるなんて、お得以外の何者でもありません。仕事でどんなに怒られて凹んでいても、一瞬でリカバリーするのでおすすめですよ。笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アメックス・プラチナ・カードの年会費を回収するには「家族みんなで使い倒す」のが最短ルートです。ひとりで年会費14万円と聞くと、さすがに躊躇しますが、「家族みんなで14万円」と聞くと、少しは気が楽になるはずです。(私は年会費を全額自己負担しているのであまり関係ないですが。笑)

そもそも月額1万円以上の固定費を払ってまで、なぜアメックス・プラチナ・カードを保有しているかというと、家族との時間を大切にしたいから。提供される特典が「体験」にフォーカスされているので、家族との思い出作りに一役買っています。ハイブランド品を買ったり、高級車に乗るのが楽しかった時期もありますが、「家族との思い出作り」にお金を使ってみるもの楽しいですよ。適度なリフレッシュがないと、仕事も勉強も頑張れませんからね。

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

Twitterでも情報発信をしておりますので、お気軽にフォロー&ご連絡ください。

では、また!

 

 

この記事を書いた人
20200404185151

 

Kachi@仕事&子育て&資格

 

早稲田大卒。東証一部上場企業の営業マン。1児の父。

仕事・育児・資格勉強の両立に挑戦中。

日々の学びを週2回ブログ(土日更新)で発信しています。

目標は士業として独立すること。

趣味はホテルステイ。アメックス・プラチナ特典をフル活用。


【取得済み資格】
・行政書士
・ビジネス実務法務検定2級
・FP技能士2級
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・ITパスポート

【勉強中の資格2021】
・社会保険労務士
・簿記2級