資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

サラリーマンこそ資格を取って退路を確保すべき理由

f:id:kig58od2:20200909204627j:plain
どうも!資格取得サラリーマンのKachiです!

ほとんどの社会人がサラリーマンとして働いているかと思いますが、退路の確保はできていますでしょうか?

 

  • 納得できない人事異動に頭を悩ませている
  • いい上司に巡り合えずに心を痛めている
  • 転勤が多すぎて家族に負担がかかっている

 

このようなネガティブな悩みは、仕事に対するモチベーションを低下させかねません。

それに、仕事で心身に支障をきたすことは、家族にとってもよいことではありません。

そこでおすすめしたいのが資格取得です。

サラリーマンが資格を取ることのメリット、デメリットを簡潔に解説していきたいと思いますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

この記事を書いた人
20200404185151
Kachi@資格取得サラリーマン

早稲田大卒⇨1部上場企業の営業マン。週3日(水・土・日)更新のブログでは、資格試験の勉強で得た、社会生活で役立つ知識(法律や税金・資産運用など)や勉強法を発信しています。

【取得済み資格】
・行政書士
・ビジネス実務法務検定2級
・FP技能士2級
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・ITパスポート】

【勉強中の資格2020】
・宅地建物取引士
・簿記2級

 

 

退路を確保すべき理由

f:id:kig58od2:20200909204921j:plain

語弊を恐れず結論からお伝えしますが、ずばり、嫌になったら会社を辞めることができるからです。

前述の通り、嫌いな上司、自分に合わない仕事、繰り返される転勤、これらに耐えきれなくなった時、逃げ道があると気持ちがだいぶ楽になります。

例えば、あなたが営業マンだとします。

毎月不可能に近いようなノルマを課され、未達の場合、とにかく売ってこいと詰められる。上司の上司や人事部に掛け合ってもなにも解決しない。

こんな状況ではまともに仕事はできませんよね。

転職しようにも、自分を必要としてくれる会社があるのかもわからないという状態だと、どんどん追い込まれてしまいます。

 

そこでオススメなのが資格取得です。

 

独占業務がある国家資格だとなおよいですが、まずは簡単なものからでいいので合格を勝ち取ってみてください。

自分にもできるんだ!
仕事以外でも結果を出せる場所があるんだ!

と自己肯定感を得ることができるはずです。

もちろん、資格を持っていることと仕事ができることはイコールではありません。

ただ、何もない自分と資格を持っている自分では、心持ちが全然違うと思います。

まずは騙されたと思って、興味のある役に立ちそうな資格を取ってみてください。

その資格を活かせる仕事があなたの天職になるかもしれません。

資格取得をオススメする理由

f:id:kig58od2:20200909205259j:plain

なぜ、退路を確保する方法として、資格取得をオススメしているかというと、資格試験は誰にでも合格の可能性があるからです。

仕事をしていると理不尽なことに頭を悩ませることも多いと思います。

 

  • なんで言う通りに仕事をしてくれないんだ
  • なんであいつの方が評価されているんだ
  • なんで責任ばかり押し付けられるんだ

 

このような状況においても、結果を求められるのがサラリーマンです。

そして、どんなに優秀でも、どんなに実力があっても、出世できるかどうかは運まかせというのが実情だと思います。

才能や努力を評価して、引っ張り上げてくれる上司がいなければ、宝の持ち腐れになってしまうからです。

 

一方、資格試験は自分との戦いです。

 

努力をした分だけ合格に近づきますので、受かるも落ちるもすべて自分次第ということです。

努力が報われにくいサラリーマンだからこそ、仕事以外での全力投球には大きな意味があります。

本気で勉強に取り組んで試験に合格したときの喜びは言葉に代えがたいものがあります。

同時に、やればできるんだ!という自信もつきますので、自然と仕事へのモチベーションも高まるのです。

もし、仕事が全てになってしまうと、職場絡みの悩みを抱えた時に、心がパンクしかねません。

そんな時は、最悪この資格を取って会社なんかやめてやると割り切りましょう。

本当にそのつもりがなくても、こう思うだけで心は軽くなります。

資格取得のデメリット

f:id:kig58od2:20200909205514j:plain

ここまで、資格取得のメリットばかりをお話ししてきましたので、ここでデメリットについても触れておきたいと思います。

資格取得の最大のデメリットは、拘束時間が長いことです。

仕事はもちろん、家事や育児、自分の趣味の時間やリラックスタイム等を考えれば、暇で暇で時間が余るという人はほとんどいないと思います。

そんな中で資格試験の勉強時間を確保するわけですから、何かを犠牲にする必要があります。

試しにみなさんが取得を目指す資格の必要勉強時間を検索してみてください。

意外とたくさんの時間を必要なことに気がつくと思います。

私が合格済みの資格を見てみますと、

 

  • ビジ法2級 ⇨ 60-100時間
  • FP2級 ⇨ 150-300時間
  • 行政書士 ⇨ 500時間前後(初学者なら800時間前後)

 

となっています。

独学の場合は、ペース配分等の効率も悪くなりますので、プラスαで時間がかかると思ってください。

試験日まで何ヶ月で準備するかによりますが、1ヶ月で100時間こなそうと思えば、1日約3時間が必要になります。

1000時間を1年間でこなすには、1日あたり2.7時間です。

1日の休みもなく勉強できてこれですから、いかに時間を確保するのが難しいかはお分かり頂けると思います。

時間の確保やスケジュール管理の方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

 

上記のように、何か資格を取ろうと思えば、それ相応の時間がかかりますから、何かを犠牲にする覚悟が必要です。

もし、勉強以外に時間を使いたいことがあるのであれば、そちらを優先するもの一つの答えだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サラリーマンをしていると、自分の努力が結果として返ってくることは稀です。

上司に手柄を横取りされるとか、不可抗力で今までの努力が無駄になるとか、考えればキリがありません。

一方、資格取得の場合、結果は全て自分の努力次第ですし、難関資格で独立することも可能です。

仕事に行き詰まっているような時は、仕事以外のことに集中してみるのもおすすめです。

少しでも参考になれば幸いです。

では、また!