資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

営業ってどんな仕事?メリット&デメリットを解説!

f:id:kig58od2:20200125124723j:plain

今回は、営業という仕事について解説していきたいと思います。

営業と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

  • ノルマがきつい
  • ブラック
  • 高給取り
  • 自由な時間が多い

など人それぞれのイメージがあると思います。

私は、大学卒業後、東証一部上場メーカーにて営業をしています。

かれこれ5年以上続けていますが、メリット&デメリットが見えてきましたので、解説していきたいと思います。

 

営業ってどんな仕事?

営業とは簡単にいうと、自社製品やサービスを売り込む人を指します。

業界によって内容はかなり変わると思いますが、私の経験を元にメーカー営業の仕事をご紹介したいと思います。

私の場合は、法人向けのルート営業をしています。

ルート営業とは、決まった顧客を定期的に訪問し続けるスタイルを指します。

顧客が決まっているため、新規開拓や飛び込み営業というのはありません。

ここだけ聞くと、「ルート営業は楽そう」という感じる方もいらっしゃるかと思いますが、これは一長一短です。

ルート営業の場合、どこの企業を担当するかで、売り上げが左右されます。

予算100億の会社の担当者と予算1億の会社の担当者では、売上額に差が出るのは当然ですよね。

実際は、前年伸長率や伸長額を元に評価点を調整しますが、キャパが大きい先の担当者が有利なのは間違いありません。

一方で、新規開拓や飛び込み営業がありませんので、精神的には少し楽かもしれません。

定期訪問をするので、顧客とも顔見知りになりますし、アポイントが断られることはまずありません。

営業のメリット

仕事に対する裁量が広い

ある製品を顧客へ販売するケースを見てみましょう。

  1. まずは購入権限者のアポイントを取得します。
  2. 面談を重ねながら顧客の困りごとや課題をリサーチします。
  3. 製品導入のメリットを提案します。
  4. 社内外の関係各署を調整します。
  5. 製品導入となります。

ざっくりですが、このような順で仕事が進んできます。

顧客へのアプローチ方法、社内外リソース活用の有無、販売価格の調整、スケジュール管理・・・etc 

基本的には全て自分に決定権があります。

プロモーションの一貫で販促費が発生するケースもありますが、ある一定金額までは自由に使うことができます。

自分であれこれ試行錯誤しながら仕事を進めたいという方には向いている職種だと思います。

勤務時間の融通がきく

オフィス勤務のように一日中会社にいる訳ではないので、比較的時間は自由に使うことができます。

これは会社によって異なると思いますが、私の場合、9:00-17:30で自動的に勤務扱いとなります。

直行直帰OKですので、毎日出社する必要はありません。

こんな社員はいないと信じたいですが、仮に1日中家で寝ていたとしても、9:00-17:30で勤務扱いとなります。

要するに、効率よく仕事を終えてしまえば、17時に帰宅することも可能なのです。

たまに朝7時とか夜9時とかに対応しなければならないことがありますが、その場合はしっかり残業代が支給されます。

有給や代休についても自分の裁量で取得でき、前日までに上司へ連絡すればOKです。

このようにかなり自由に時間が使えるため、自分のペースで仕事を進めたい方やプライベートを優先したい方には向いているかもしれません。

インセンティブが支給される

これは営業にとっては、最大の醍醐味でもあります。

販売目標を達成した場合はもちろん、社内順位が上位の営業マンはさらにインセンティブがつきます。

年4回のインセンティブ支給とボーナス係数の上乗せがありますので、成績上位者は高給取りが多いのも事実です。

役職にもよりますが、年間ボーナスだけで新卒の初任給超えも珍しくありません。

営業のデメリット

やはり数字が全て

入社前の私は、「営業ってスパルタでノルマ厳しくて飲み会しまくって大変そう」というイメージをもっていました。

実際のところは、数字は追い求めなければなりませんが、スパルタでもないし、飲み会もそんなにないというのが実情です。

5年以上働いてイメージ通りだったかというと、一部正解といった印象です。

もちろん評価基準は売り上げになりますので、数字を追い求めるのは当然です。

  • 顧客からは最高の評価
  • 効率的に仕事を進めて残業は0
  • 有給もきちんと消化する

このようなエリート社員だとしても、数字が上がらなければ評価はされません。

数字をあげることが使命でもありますので、スランプに陥るとかなり精神的に辛いかもしれません。

拘束時間が長くなりがち

1日に何件も顧客を訪問する訳ですが、先方の都合に合わせてスケジューリングするため、トータルの拘束時間が長くなりがちです。

例えば、朝8時のアポと夜20時のアポなどがある日は、拘束時間が12時間を超えることは覚悟しなければなりません。

もちろん、12時間ずっと仕事をしている訳ではなく、待機時間や移動なども含みますので、時間の使い方次第では精神的負担は軽減できます。

また、2ヶ月に1回あるかないかくらいの頻度ですが、休日出勤の場合もあります。

1ヶ月でどの程度拘束されているのかを把握するべく、数ヶ月前からログを取るようにしています。

そろそろデータがまとまってきそうですので、機会があれば開示したいと思います。

スキルが身につきにくい

自社製品はもちろん業界を取り巻く環境の変化についても情報を豊富に得ることができます。

ただ、転職などを考えた時に、他社でも通用するスキルは何か身につくかというと、答えはNOです。

よく耳にするコミュニケーションスキルは抽象的すぎます。

ルート営業の場合、担当期間が長ければだんだんとモノは売れやすくなります。

顧客との信頼関係が構築されてしまえば、怪しまれることもなくなりますし、情が生まれます。

ここまで来てしまえば、他社の入り込む余地がなくなり、自社製品の販売は安泰とうことです。

言い方が悪いですが、何もしなくてもモノが売れる訳です。

この状態で満足していては何のスキルも身につきません。

市場のマーケティングをしてみるとかプレゼンテーションスキルを磨くとか、データ分析手法を学ぶとか、自己啓発は営業にこそ必須だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

営業は裁量が大きく数字さえあがれば評価される一方で、拘束時間が長かったり、他社でも通用するスキルが身につきにくいというデメリットもあります。

ただ、自社製品が市場にもたらすメリットを最前線で目にできるのは、営業がもつ特権だと思っています。

自分に担当市場で打った小さなマーケティング策が、全社的に効果のある施策へと成長する可能性もあります。

スキルアップをしようという強い意志と行動力が必須だと感じる今日この頃です。

これから営業として働く予定のある方や就活生の参考になれば幸いです。