資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

第4回 資産運用の第一歩は貯蓄から!

f:id:kig58od2:20200307094408j:plain

資産運用をやろうにも何から始めて良いかわからない方が多いのではないでしょうか。

私自身、入社してすぐに株式投資を始めましたが、

闇雲にいろいろ手を出した結果、赤字を垂れ流す事態となりました。

今回は若手の社会人に向けて、資産運用のプロセスをご紹介していきたいと思います。

この記事を書いた人
20200404185151
資格取得サラリーマン

早稲田大卒⇨東証1部上場企業の社畜営業マン。
会社の看板なしでも活躍できるスキルを得るため、資格取得を通じて効率的な勉強法を模索中。
座右の銘は「自反而縮雖千萬人吾往矣」
取得済資格 【行政書士、ビジ法2級、FP2級、AFP、ITパス】

資産運用の第一歩は貯蓄から!

f:id:kig58od2:20200307201611j:plain

新入社員の頃、思っていたよりも給料が多くてびっくりした記憶があります。

何にも仕事をしていないのにこれだけの給料が支払われるのかと驚きました。

学生時代のアルバイトは頑張っても月5万円ほど。

休めばもちろんその分収入は減ります。

一方で、サラリーマンは給料として毎月一定額が支払われます。

サラリーマンが安定していると言われる理由の一つですね。

ただ当時の私は、貯蓄をせずに全て投資や浪費に使ってしまいました。

学生時代に買えなかったものを買って、残りのお金で有名企業の株を買う。

本当に必要か吟味せずに買ったため、すぐに不要になったものもありました。

有名企業だからとの理由で業績などもろくに見ず、株を購入した結果、下落に次ぐ下落で塩漬け状態になりました。

これが資産運用に失敗する典型的なパターンです。

自分の力量以上のお金を手にしたため、財布の紐が激ゆるだったのです。

「なんとなく良さそう」で物を買い、「なんとなく儲かりそう」で株を買う。

これではお金がいくらあっても足りません。

資産運用は、生活に支障のない余剰資金で行うことが基本中の基本です。

そのためには、まず貯蓄が必須ということです。

必要貯蓄額としては、一般的に給料の6ヶ月〜1年分を確保しておくと良いとされます。

怪我や病気をして働けなくなった場合や、一時的な出費に対応したりするためです。

これだけあれば安心というのは、人それぞれ感覚が異なります。

100万あれば安心する方もいるでしょうし、1000万あっても不安だという人もいるでしょう。

まずは、自分にとってどの程度の貯蓄があれば当面は安心して暮らせるかを自問してみてください。

平均貯蓄額は1276万円!

f:id:kig58od2:20200307094253p:plain

自分で安心できる金額を貯蓄しろと言われても困る!

という方のために全国の平均貯蓄額を調べてみました。

対象は二人以上の勤労者世帯です。

勤労者世帯とは、総務省の家計調査では、世帯主が会社や官公庁、学校、工場、商店などに勤めている世帯のことをいいます。世帯主が社長や取締役、理事など会社や団体の役員である世帯は、「勤労者以外の世帯」に該当します。

2018年の家計調査によると、平均貯蓄額はなんと1276万円でした。

こんなにあるわけないじゃん!

という声が聞こえてきそうですが、私も同感です。そんなお金はありません。

ただ、これはあくまで平均ですので、年収1000万円以上の高所得層が平均値を釣り上げている事が推察されます。

全年齢対象ですので、20代の若手のうちは、年収別平均までほど遠いと思います。

もちろん平均以下だからだめだということではありません。

若手はこれからの人生の方が長いので、世間の水準を参考に、自身の貯蓄額を決定していけばOKです。

貯蓄は先取りがおすすめ!

f:id:kig58od2:20200307202443j:plain

実際に貯蓄をする方法として最強なのは先取り貯蓄です。

毎月残った金額を貯蓄に回すというのも一つの手法ではありますが、強い意志が必要です。

毎月1万円貯蓄をしようと決めたとします。

月末時点で、好きなアーティストのプレミアラブチケット(1万円)が当たりました。

この時に、ライブよりも貯蓄を優先できるという方は、貯蓄を後回しにしてOKです。

私は確実にライブに行ってしまうと思うので、先取り貯蓄をしています。

会社で財形貯蓄などの制度がある方はそちらを利用するのもありです。

私の場合は、ネット銀行の定額入金サービスを利用しています。

給料振り込み口座から、毎月指定した日付に、指定した金額を自動的に引き落としてくれるサービスです。

毎月、お金を移動させる手間もありませんし、ネット銀行はコンビニATMとの相性もよく、使い勝手が抜群です。

給料から、貯蓄用と投資用の資金を先取りして、住宅などの固定費を除いた残額が、我が家で使える自由なお金となります。

先取り貯蓄を始めた当初は節約を強いられるというイメージがありましたが、実際のところは真逆でした。

残高で生活しなければなりませんので、本当に必要な物以外は購入しなくなります。

お金を支払う際、本当に価値のある支出なのかを吟味する事が習慣となり、今までの財布の紐のゆるさを実感したのです。

無駄な支出が減った分、先取りに加えて、月末にも貯蓄ができるようになりました。

月末貯蓄は好きなことに使えると決めていたので、このお金を利用して、旅行へ行ったり最新家電を買ったりしています。

毎月の支出とは違う財布からの支出ですので、家計へのダメージはありませんし、消費による心の満足も十分に得られる好循環となっています。

入社当時は、貯金ゼロの自転車操業状態でしたが、今では年間100万円以上を確実に貯蓄し、50万円以上を投資に回す事ができています。

ある程度の貯蓄があると、投資をする際にも心の安定につながります。

余剰資金での投資ですので、暴落があっても生活には支障がないのです。

まとめ

資産運用の第一歩として貯蓄の重要性をお話ししました。

とにもかくにもまずはある程度の資金を貯蓄する事が重要です。

必要貯蓄額を準備できていれば、当面の生活に困ることはありませんので、

投資においてもリスクを取りやすくなります。

皆さんもご自身の必要額を設定し、先取り貯蓄に挑戦してみてください。

では、また!