資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

高学歴は何かと有利なのか?

 

高学歴が有利な場面はあるの?

あくまで個人的な見解だが、「あるにはある。」と思っている。

 

それは就職活動である。

 

私は一応、早稲田大学を卒業している。

 

世間一般には高学歴と呼ばれる部類に属するのではないだろうか。

 

ただ、誤解しないで頂きたいのだが、「早稲田卒だ!どや!」と思った事は一度もない。

 

学歴を聞かれる様な場面でも、大学名は極力バレない様にしている。

 

第一印象を大学名で決められたくないからだ。

 

少し脱線したが、たくさん勉強して良い大学を出れば一流企業に就職できる。とよく耳にする。

 

半分は正解、半分は不正解である。

 

正しくは、「たくさん勉強して良い大学を出れば一流企業に就職するチャンスを得やすい。」である。

 

私が就職活動をしていた当時はおおよそ以下の様なスケジュールであった。

 

12月 リクナビマイナビ等登録開始

 

1月   企業説明会、エントリーシート提出

 

2月   SPI & 1次面接

 

3月   2次面接 

 

4月   最終面接

 

周りの学生たちは上記スケジュールを見越して、8月頃から企業研究を始め、準備を進めていた。

 

一方、私はバイトに明け暮れていた為、単位取得に必死で就職活動まで手が回らなかった。

 

大学名で線引きしている?

 

私がリクナビマイナビに登録をしたのは1月下旬であった。

 

周りの学生たちは、エントリーシートの提出を終え、面接に進んでいるものもいた。

 

完全に出遅れた私は大急ぎで数社をピックアップし、ネットから企業説明会の申し込みをした。

 

ここで高学歴が優遇されているのでは?と疑う場面に遭遇する。

 

企業説明会は5日間で20枠用意されており、どの日程でも申し込みが可能であった。

 

同じ企業を受ける東大の友人に聞いてみると25枠空いているとのこと。

 

(おや?おかしい。20枠のはずじゃないのか?)

 

念のためMARCHの友人にも聞いてみたところ、15枠空いているとのこと。

 

(ん?やはりおかしい。大学ごとに枠の数が違うのか?)

 

某大学の友人にも聞いてみたところ、空き枠なし。

 

(完全に大学名で線引きされている。。。)

 

もっとあからさまな企業もあった。

 

企業説明会の会場がいくつかあるのだが、グループ分けをされていた。

 

  1. 東大、一橋、東工大グループ
  2. 早慶上智グループ
  3. MARCHグループ 
  4. それ以外のグループ

 

他のグループのことはわからないが、私のグループは若手社員との交流会とグループディスカッションであった。

 

そして、2日後には最終面接の連絡をもらった。

 

私自身10社ほどしか受けていない為、一概には言えないが、高学歴は就職活動において有利に働くと言えそうだ。

高学歴は出世する?

 

答えはYesでもあり、Noでもある。

 

出世する高学歴もいるし、出世しない高学歴もいるからだ。

 

そもそも「高学歴だから」出世するのだろうか。

 

私は社会人5年目の若造だが、出世する理由は人それぞれだと思う。

 

もちろん、タイミングや運も大いに影響しているだろう。

 

上司の指示を完璧にこなす人。

 

ごますりの全方位外交が得意な人。

 

圧倒的な実力でのし上がる人。

 

人望によって自然と出世していく人。

 

社内を見渡してみても、出世する理由は多種多様である。

 

社会人経験は短いが、「高学歴」という理由だけでは出世しないという事はわかった。

 

結局のところ、高学歴は何かと有利とは言い切れないが、高学歴を理由に損をする事はない。

 

知識の蓄積と言う意味でも勉強をして損はないと確信している。

 

最後に

私は現在サラリーマンだが、一生この会社に勤めようとも、いつか転職しようとも思っていない。

 

出世願望はなく、努力の過程で出世できるのであればラッキーだなというくらいに捉えている。

 

私の最大の目標はどの組織でも通用する実力を身につけることである。

 

勉強をしなければと思うものの、モチベーションの維持が難しい為、資格取得を目標に据えた。

 

今後は、仕事と資格取得の両立をするための最適な方法を模索し、記事にしていこうと思う。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村