資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

日経LissNはリスニングとリーディング対策に最適だった!

f:id:kig58od2:20190216112601j:image

単語暗記アプリmikanに引き続き、TOEIC750点を目指すために選んだ教材が日経LissN(以下、LissN)です。

毎日忙しい社会人には最適な教材です!!!

学生時代、社会人はなんでそんなに時間がないんだろうと思っておりました。

理由はひとつでは無いと思います。

付き合いで飲み会に行かねばならないとか、急な仕事が降ってきたとか、無駄な事務作業が多いとか笑

はたまた、家族サービスが必要だとか。

社会人がまとまった時間を取って勉強をしようと思うと、何かを犠牲にしなければなりませんよね。

そこで私は、世間が寝ている間に勉強してしまおう!と思ったわけです。

(朝型のススメ。早起きは三文の徳!!!と題して後日記事をアップしたいと思います。)

 

とはいっても、朝起きて眠い時もありますし、仕事しなければならない時もあるわけです。

そうなると活用すべきはスキマ時間です。

私は毎朝、出社前の30分-60分を利用してmikanとLissNで勉強をしています。

 

 

毎日10分でOK

LissNは以下、日経グループの記事を毎朝5本配信してくれます。

(土日祝は3本配信)

経済ニュースと英語の勉強が同時にできるので一石二鳥です。

ネイティブスピーカーが記事を読み上げてくれますので、正しい発音を聞いて、自分で発音練習をするのにも最適です。

 

発音スピードを変更できる

f:id:kig58od2:20190216113944j:image

リスニングを鍛えるために敢えて発音スピードを速くしたいとか、ネイティブの発音を追いかけて発音練習をしたいからスピードを遅くしたいとか、そういった要望に応えられるわけです。

速度は1.0を基準に0.8-2.0の幅で調整することができます。

英、日、英/日の表示が可能

f:id:kig58od2:20190216113935j:image

記事の本文ですが、英語のみ、日本語のみ、英語と日本語と3パターンで表示することが出来ます。

私は以下の順番で勉強しています。

  1. なにも見ずにリスニング
  2. 英語のみ表示してリーディング
  3. 英語と日本語を表示して意味の確認
  4. わからない単語のピックアップ
  5. なにも見ずにネイティブ発音を追いかける

英語が得意ではないので、1の段階で全てを完璧に理解できることはほとんどありません。

英語のみ表示して理解度80%、日本語も表示してようやく理解度100%といったところです。

その際にわからない単語はピックアップしておきます。

意味を全て理解したあとは、ひたすらスピーキングの練習をしています。

確認テストで理解度を確認

全ての記事に3問、確認テストがついています。

記事の内容を問うもので、内容の理解度をはかるのに最適です。

きちんと解説もついています。

f:id:kig58od2:20190216115550j:image

単語リストを作成できる

学習する中で、わからない単語によく遭遇します。

せっかくアプリで勉強しているのに、いちいちノートを取り出して書き取っていたら、面倒でしかたないです笑

LissNにはメモ機能というのがあり、自分で単語をピックアップして保存することができます。

また、記事の中で、ポイントとなる単語は青字で表示され、タップすると意味を確認することができます。そのままメモに追加することもできます。

f:id:kig58od2:20190216114734j:image

メモに保存された単語はリスト化され、意味とどういう文脈で使われていたかを合わせて確認することができます。

f:id:kig58od2:20190216115034j:imagef:id:kig58od2:20190216115041j:image

ブックマーク機能で記事を保存できる

LissNにはブックマーク機能もあり、気に入った記事などを保存しておくこともできます。

興味のある記事でもいいですし、わからない単語の多かった記事を保存してもいいですし、基準はそれぞれかと思います。

f:id:kig58od2:20190216115139j:image

カレンダー機能で学習記録を確認

毎日10分学習をすると、優勝トロフィーのようなものがもらえます。

カレンダーに全て並ぶと気持ちがいいですね。

私のサボってしまった日が丸わかりです。笑

f:id:kig58od2:20190216115759j:image

鍵のかかっている記事はプランによっては読むことができます。

私は過去1ヶ月まで遡って記事を読めるプランにしています。

価格について

Basic Plan と Unlimited Planの2種類あります。

違いはどこまで遡って記事を読めるかです。

Basic Planは最大28日間なのに対し、Unlimited Planは無制限に読むことができます。

その違いが価格差にも表れています。

f:id:kig58od2:20190216120136j:image

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日最低10分の学習をベースとし、スピーキングや、リーディング、リスニングの勉強にも使えますので、学習の幅が広がりますよね。

私もサボらずに継続していきたいと思います!

 

*画像は日経LissNアプリ、HPから抜粋しています。