資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

【徹底解説】結婚式での楽曲使用について

f:id:kig58od2:20190328000622j:image

みなさんは結婚式で使いたい曲は決まっていますか?

演奏、入退場、乾杯、中座、ムービー関連、スピーチ等々、会場で音楽を流す場面は多々あると思います。

好きな曲を好きなだけ使えると思っていたのですが、きちんと手続きをしないと使用が認められない場合があります。

今回はややこしくて意味不明な手続きについて解説します。

 結婚式での楽曲使用に関する権利

JASRACホームページにはこうあります。

結婚式や披露宴などで音楽を利用するとき、音楽の利用方法により、作詞者・作曲者など“音楽をつくる人”の権利である「著作権」と、レコード製作者・歌手など“音楽を伝える人”の権利である「著作隣接権」の手続きが必要になります。

著作権著作隣接権?いきなり難しい単語が出てきましたね。

ざっくりまとめると、市販されている曲を使用したい場合は、作詞者・作曲者・レコード会社・アーティスト等へ「使用料」を支払わなければならないという事です。

あくまで一例ですが、嵐のLone so sweetは以下の通りでした。

上記の個人もしくは団体へ使用許可申請が必要ということになります。

楽曲使用にも細かい分類がある

JASRACによると、楽曲使用には以下のパターンがあります。

f:id:kig58od2:20190327235422j:plain

出典:JASRAC

今回はプロフィールビデオやエンドロール用に映像作成をする場合を例にとってみます。

DVD作成は楽曲の複製利用に関する手続きが必要になります。

手続きには2パターンあります。

  1. ホテルや式場、映像制作業者が申請を代行する場合
  2. 新郎、新婦、親族、友人などが個別に申請する場合

動画作成をホテルや式場に依頼する場合は申請を代行してくれる事がほとんどです。

一方、動画を自作したり友人にお願いしたりする場合には、ホテルや式場が申請を代行をしてくれないケースがあります。

1に関してはお任せしてしまえばいいので割愛して、個人で申請しなければならない場合について解説します。

著作権JASRAC著作隣接権日本レコード協会へ申請

市販のCD音源を使用したい場合、関係各所への申請が必要だと前述しました。

この時点でもうめんどくさいよ!って方も多いかと思います。

複数曲を使用したい場合は申請の手間だけで諦めたくなりますよね。

そこで申請を取りまとめる窓口の登場です。

著作権JASRAC著作隣接権日本レコード協会へ申請すればOKです。

f:id:kig58od2:20190328000424j:plain

出展:JASRAC

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近の結婚式はムービー上映が当たり前になりつつあります。

数年前までは映画のパロディや替え歌などで面白おかしく動画を作成できたようですが、映像や楽曲使用にもかなり複雑な決まりがあるのです。

会場によっては権利侵害の恐れのある動画は再生不可という場合がありますので、

必ず会場へ確認するようにしましょう。

きちんと申請させすれば好きな楽曲が使用できますので安心してください。

JASRAC日本レコード協会への申請方法については別記事で詳細に取り上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。