資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

プロフィールムービーを自作する方は必見!楽曲の利用申請まとめ!〜JASRAC編〜

f:id:kig58od2:20190515200051j:plain

結婚式で使用するBGMを業者へ依頼せずに、個人で申請する場合の方法についてご紹介します。

今回は「JASRAC」編です!

そもそもなんの話?という方はこちらをご覧ください。 

www.kig58od2.com

 

 

申請手順について 

申請手順について解説していきます。

特段難しいことはありませんのでご安心ください。

利用予定作品がJASRAC管理作品か確認

まずは使用したい作品がJASRAC管理作品なのかどうかを作品データベース検索サービスで検索します。

 

嵐 Love so sweetを例に曲名で検索してみました。

 

f:id:kig58od2:20190515200041p:plain

  

嵐 Love so sweetをクリックします。 

f:id:kig58od2:20190515200037p:plain

 

詳細が表示されました。

ここで確認するのは「録音」の欄です。

ここに「J」のマークが入っていれば利用可能作品ということになります。

作品が見つからない場合はJASRACへお問い合わせください。 

J-RAPPまたは申込書による手続き

作品が確認できたら申請へ移ります。 

録音物(プロフィールムービー等)に許諾番号を標示する必要がありますので、日数に余裕を持って申請しましょう。 

J-RAPPの場合 

J-RAPPとはオンラインライセンス窓口のことです。 

J-RAPPを利用すると以下のメリットがあります。

 

1.著作物使用料の減額措置があります。
事前のお申込みで、作品データベース「J-WID Master」にてご確認いただいた作品コードを付与していただくことを条件として、製造数の5%を控除して著作物使用料を算定します。
ただし、初回からJ-RAPPでお申込みいただいている製品に限ります。
2.許諾通知(電子メール)を早く受け取ることができます。
申込書類の提出によりお申込みいただいた場合には、許諾番号がお手元に届くまで1週間程度かかりますが、J-RAPPでのお申込みの場合は、2、3営業日程度でメールにて許諾番号をお知らせできます。
3.作品データベース「J-WID Master」を利用できます。
①「J-WID Master」では、一般向けの作品データベース「J-WID」よりも詳細な情報を確認できます。
②利用申込の入力時に「J-WID Master」から作品データの取込みができます。(作品名、作詞・作曲者名等の入力を省略できます)。
4.申込履歴が確認できます。
申込内容が保存され、過去の履歴を一覧できますので、記録管理に便利です。

 

ログインIDをお持ちでない方は、J-RAPPの「利用窓口解説申込」をクリックして

①ご利用者の情報入力 

②J-RAPP利用申請申込書をFAXまたは郵送 してください。 

最短3日でログインのためのIDとパスワードが郵送されてきます。

 

*オンラインと言いつつも、結局FAXもしくは郵送しなければならないので、初めから申込書で対応するのもありです。

申込書の場合

申込書類のダウンロード(録音)から録音利用申込書・明細書をダウンロードし、必要事項を記入後、FAXまたは郵送で提出します。 

直接訪問できる方は持参しても良いようです。 

−JASRAC 本部地図− 受付時間:平日9時〜17時

JASRACより許諾番号が通知される

J-RAPPの場合

申込後、2,3営業日程度で許諾番号が記載された「録音許諾手続完了のご案内」というメールが送られてきます。

申込書の場合

申込後、1週間程度で許諾番号が記載された「録音許諾番号交付票」が郵送されてきます。

録音物に許諾番号およびロゴマークを表示 

許諾番号およびJASRACマークを録音物に表示します。

表示方法については許諾番号等の表示及び許諾証紙の貼付方法をご覧ください。 

JASRACより請求書が届く

許諾番号通知後、1-3ヶ月後に請求書が届きますので、請求書の発行日より30日以内に振込または持参で対応します。

期間はどのくらいかかるの?

申請から許諾番号発行までおよそ1-2週間ほどかかります。

私の場合は、オンライン申請で、メールが届き次第速攻で対応した結果、申込みから3日で許諾番号をゲットすることができました。

場合によっては時間がかかることも想定されますので余裕を持って申請することをオススメいたします。

料金はどのくらいかかるの?

使用料の計算方法がありますので、使用料計算シミュレーション(録音)を参考にしてみてください。

ちなみに私の場合は5曲申請して1000円弱でした。

日本レコード協会と比較すると家計に優しい料金設定ですね。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

JASRACのHPを見る限り、小難しいことがたくさん書いてあって嫌になりそうですが、手順としては多くありませんし、至ってシンプルです。

上記の流れで進めていけば問題なく許諾番号をゲットできると思いますので、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

 

www.kig58od2.com