資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士!行政不服審査法 ポイントまとめ①

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

行政書士試験で大きなウエイトを占めるのが行政法です。

試験範囲の行政法を大きく分けると、行政不服審査法行政事件訴訟法地方自治法となります。

今回は「行政不服審査法」のポイントを備忘録を兼ねてまとめていきたいと思います。

行政不服審査法とは

国や地方公共団体の行政作用により、侵害された権利を回復するための救済方法の1つである「行政不服申立て」について規定した法律のことである。

この他に「行政事件訴訟」について規定した行政事件訴訟法がある。

救済方法としては上記2パターンからなるが、法律による規定がない場合に限り、原告の好きな方を選択することができる。これを「自由選択主義」という。

行政不服審査法の目的

総務省HPにこう記載があります。

  • この法律は、行政庁の違法又は不当な処分に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、
    ○ 国民の権利利益の救済を図るとともに、
    ○ 行政の適正な運営を確保すること
    を目的としています。

目的は、国民の権利利益の救済と行政の適正な運営確保であることがわかります。

不服申立ての種類

行政不服審査法では不服申立ての方法を「審査請求」に一本化しており、行政庁の処分、行政庁の不作為に対して審査請求をすることができます。

処分に対する審査請求

原則、適応除外に該当する処分を除く、全ての処分に対して審査請求をすることができます。これを一般概括主義と言います。不服申立てが可能な処分を列挙するのは事実上不可能であるため、適応除外として不服申立てができない処分を列挙しています。

不作為に対する審査請求

「不作為」とは許可も不許可もしないことです。

読んで字のごとく何もしない怠慢状態のことを指します。

法令に基づく申請に対して相当の期間が経過したにもかかわらす、行政庁から何の応答もない場合=不作為状態の場合、審査請求が可能です。

総務省HPより

  • 「審査請求」が原則となります。
  • ただし、個別法に特別の定めがある場合に限り、審査請求の前に処分庁(処分をした行政庁)に対してする「再調査の請求」や、審査請求の裁決後に当該個別法に定める行政庁に対してする「再審査請求」をすることができます。
  • 行政庁の処分については、その処分に不服がある者は、審査請求をすることができます。
  • 法令に基づき行政庁に対し処分についての申請をした者は、その申請から相当の期間が経過しても不作為(法令に基づく申請に対して何らの処分もしないこと)がある場合には、審査請求をすることができます。
  • ただし、第7条の規定(例:国会法第121条で定める国会議員への懲罰)や個別法の規定により適用除外とされている処分・不作為については、審査請求をすることができません。

審査請求の相手先

審査請求をすべきは行政庁となります。

原則、処分をした行政庁の最上級行政庁(大臣、都道府県知事、市町村長など)が審査請求先となります。

例外もありますので以下でご確認ください。

総務省HPより

  • 個別法に特別の定めがある場合を除き、処分庁の最上級行政庁(例:大臣、都道府県知事、市町村長等)が審査請求先となります。
  • ただし、次の場合には、それぞれに記載する行政庁が審査請求先となります。
    1. 処分庁に上級行政庁がない場合(処分庁が主任の大臣や外局として置かれる庁の長等である場合を含みます。)には、処分庁が審査請求先となります。
    2. 処分庁の上級行政庁が主任の大臣や外局として置かれる庁の長等である場合には、その大臣や庁の長等が審査請求先となります。

 再調査請求について

以下に該当する場合、処分庁に対して再調査請求ができます。

  1. 処分庁以外の行政庁に審査請求ができる場合
  2. 法律に再調査請求ができると記載がある場合

再調査請求をするかどうかは自由に選択することができますが、一度再調査請求をしてしまうと、再調査請求に対する決定を待った後でなければ、審査請求を行うことができません。

ただし、以下の場合は例外とされます。

  1. 再調査を請求した日の翌日から起算して3ヶ月を経過しても決定がない場合
  2. 決定を経ないことにつき正当な理由がある場合

 

再審査請求

法律に定めがある場合に限り、当該処分についての裁決(審査請求に対する判断のこと)に不服があるものは再審査請求をすることができます。

一度判断を仰いだにも関わらず、再度審査請求をするわけですから、結果はあまり期待できないでしょう。したがって、上述の通り例外的に認められているのです。

行政上で争うより、行政事件訴訟を利用して裁判所の判断を仰いだ方が賢明だということです。

まとめ

行政不服審査法の概要についてまとめました。

次回以降は、実際に審査請求についてまとめていきます。

 

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォンタブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。

 

 

www.kig58od2.com