資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士!行政不服審査法 ポイントまとめ④〜裁決の種類〜

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

 今回は審査請求に対する裁決の種類について見ていきます。

審査請求人は裁決があるまでは、いつでも審査請求を取り下げることができます。

したがって、審査請求手続きは、取り下げ か 裁決 をもって終了となります。

 

 裁決の種類について

裁決は以下3種類があります。

裁決は書面による理由付記が義務付けられておりますので、審査庁が記名押印した裁決書によりなされなければなりません。

  • 却下判決
  • 棄却判決
  • 認容裁決

却下判決

審査要求の要件が欠けている、不適法であるなどの理由から審査庁が審査を拒絶した場合になされます。

棄却判決

審査請求を認容する理由がないと判断された場合になされます。

例外として、事情判決というものがあります。

審査請求に理由があると認められる場合であって、処分を取り消すことにより公に著しい障害が発生する場合に、なされる棄却判決のことを言います。

 却下判決と棄却判決って何が違うのか

どちらも審査請求を退けているわけですので、似たような意味合いかと思われますが、厳密には異なります。

却下判決は審理することなく退ける場合、棄却判決は審理した上で退ける場合を指します。

認容判決

審査請求に理由があるとして、審査請求を認める場合になされます。

認容裁決がなされた場合の効果は以下の通りです。

処分についての認容裁決の効果
  • 審査庁が処分庁の上級行政庁の場合

処分の全部または一部を取り消しまたは変更する。

事実上の行為の全部または一部を撤廃または変更すべき旨を処分庁に命じる。

  • 審査庁が処分庁の場合

処分の全部または一部を取り消しまたは変更する。

事実上の行為の全部または一部を撤廃または変更する。

  • 審査庁が上記いずれでもない場合

処分の全部または一部を取り消す。

事実上の行為の全部または一部を撤廃を処分庁に命じる。

 不作為についての認容裁決の効果
  • 審査庁が不作為庁の上級行政庁の場合

不作為が違法または不当である旨を宣言し、不作為庁に対し処分をすべき旨を命じる。

  • 審査庁が不作為庁の場合

申請に対して処分をする

 

ここでいう「処分をする」とは、許可するという意味でありません。

何かしら裁決をするよう命じられているにすぎませんので、却下、棄却される場合も考えられます。

 

次回は執行停止についてまとめていきます。

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォンタブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。

 

 

www.kig58od2.com

 

www.kig58od2.com

www.kig58od2.com

www.kig58od2.com