資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士! 行政事件訴訟法 ポイントまとめ⑤〜無効等確認訴訟&不作為の違法確認訴訟〜

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

 

 無効等確認訴訟とは

抗告訴訟の1種で、裁判所に行政庁の行政作用が無効であると確認してもらう訴訟を指します。

訴訟要件

無効等確認訴訟を提起できる条件としては以下のものが挙げられます。

  • 処分や裁決の無効を求めるにつき法律上の利益を有する者
  • 当事者訴訟や民事訴訟では目的達成ができないもの

無効等確認訴訟には取消訴訟の規定が数多く準用されていますが、出訴期間と審査請求前置に関しては準用がありません。

従って、無効等確認訴訟はいつでも提起することができます。

不作為の無効等確認訴訟

法令に基づく申請に対して、相当の期間を経過しても、処分や裁決がなされないことについての違法の確認を求める訴訟のことです。

不作為=何もしない ことですので、何かしらのアクションがあれば不作為には当たりません。これは認容でも却下でも棄却でもアクションさえ起こせば構いません。

訴訟要件

無効等確認訴訟では法律上の利益を有するものでしたが、

不作為の違法確認訴訟では、処分や裁決について申請をした者に限られますので注意が必要です。

被告適格や裁判管轄については取消訴訟の規定が準用されますが、出訴期間については準用がありません。

不作為の違法確認ですから、不作為状態が継続している限り提起することができます。

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォンタブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。

 

 

 

www.kig58od2.com

www.kig58od2.com

www.kig58od2.com

www.kig58od2.com