資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

【鑑賞レビュー】空母いぶき 〜憲法9条について考えよう〜

f:id:kig58od2:20190618214114j:plain

 先月になりますが、「空母いぶき」を鑑賞してきました。

憲法について深く考えた事はありませんでしたが、憲法9条改正について真剣に考える必要があると痛感させられた映画でした。

憲法9条について考える良い機会だと思いましたので、まとめてみたいと思います。

まだ鑑賞されていない方はネタバレ要素を含みますので閲覧にはご注意ください。

空母いぶき あらすじ

公式HPより

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。
息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる、戦後、日本が経験したことのない24時間。日本映画界を代表する俳優陣が集結して贈る、超ド級のエンタテインメント大作がここに誕生する。

原作は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじ氏の同名コミック。2014年より「ビッグコミック」誌にてスタートした連載は現在も継続中だが、日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗
戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。我々がこの映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。

敵国からの攻撃を受けるも反撃は必要最小限にとどめ、こちらからの先制攻撃もしない。

終戦後、日本国憲法のもと絶対に戦争はしないという平和主義とともに活動を続けてきた自衛隊が不測の事態にどう対応していくのかが描かれている。

そして本作に大きく関わってくるのが憲法9条です。

 憲法9条とは

ウィキペディアより

第9条日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

みなさんもよく知る条文かと思います。中学生くらいに勉強しますよね。

自衛隊は軍隊ではないのか?とよく国会で話題となりますが、ここについては深く触れないことにします。

国権の発動たる戦争

ウィキペディアより

国際法上、宣戦布告又は最後通牒という形で明示的に、あるいは武力行使による国交断絶という形で黙示的に戦争の意思表示が表明されることを要件とし、戦時国際法規が適用される国の主権の発動として行われる武力(兵力)による国家間の闘争(形式的意味の戦争)をいう

上記を少し簡単にすると

戦争の開始を相手国に通達する、または、最終的な交渉を提示し受け入れないようであれば武力行使に移る旨を通達する、国交断絶という形を取って戦争開始の意思表示をすることを要件に行われる武力闘争を「国権の発動たる戦争」と言います。

日本は憲法9条により、国権の発動たる戦争は禁じられており、作中でも海上自衛隊から攻撃を仕掛けることはありません。

武力による威嚇

武力の行使まではいかないものの、自国の要求を飲まない場合には武力行使をするという背景のもと相手国に対し強要を迫ることを言います。

 

武力の行使

相手方に対して戦争の意思表示をせずに武力闘争が起こることを指します。

上記、国権の発動たる戦争と何が違うのかというと、区別は難しいというのが結論です。

というのも、国連憲章では双方を区別せずに扱っているからです。

ただ、日本国憲法上は、国権の発動たる戦争を形式的、武力の行使を実質的と区別をしていますが、実際のところは同義とみていいでしょう。

 

 まとめ

あらすじにもありますが、作中では敵国からの攻撃にどう対処をするのか、どこまでが自衛権の行使でどこからが戦争に当たるのかといった葛藤が描かれています。

専守防衛、平和主義の理念のもと、解決を目指しますが、ついに第5護衛隊群は護衛艦が大損害を受け、死傷者が多数出てしまいます。

「先にやらなければやられる」といった状況の中、戦後日本が守り続けてきた憲法9条から逸脱なきよう対応する海上自衛隊には、非常に感銘を受けました。

日本は地政学的にも大変攻めにくい島国ですので、外国の脅威にさらされたことは歴史上振り返っても数えるほどしかありません。

最近は、北朝鮮の核問題、中国の海洋進出、ロシアの南下政策なども活発になってきていますので、皆様も一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。