資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士! 地方自治法 ポイントまとめ④〜執行機関について〜

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

 

 執行機関とは

地方公共団体の意思を決定し外部に表示する権限を有するもので、行政組織法における行政庁に相当するものを指します。具体的には、長や行政委員会などがあります。

長とは

都道府県知事、市町村長などがあります。

住民による直接選挙によって選任され、任期は4年です。

また、長の職務を補助する補助機関として、副知事・副市町村長・会計管理者があります。

副知事・副市町村長の定数は条例で定められますが、会計管理者は必ず1人置かなければなりません。

行政委員会とは

長とは独立した地位と権限を有する執行機関を指します。

長に権力が集中するのを防止することが目的です。

複数人で構成される合議制の機関を行政委員会、1人によって構成される独任制の機関を行政委員と言います。

監査委員と外部監査

監査委員とは、地方公共団体の処理が適正に行われているかどうかチェックする独任制の機関です。

監査委員は、長が議会の同意を得て、識見を有する者及び議員の中から選任します。

監査には、自主的に行われる一般監査と住民や議会、長からの請求・要求に基づいて行われる特別監査があります。

 

外部監査とは、地方公共団体におけるチャック機能を強化するために、外部の専門家が契約に基づいて行う監査のことです。

外部監査人が自己判断で特定の事件を監査する包括外部監査制度と議会・長などの請求・要求があった場合に、個別の事項ごとに契約を締結し、監査委員に代わって監査す個別外部監査制度があります。

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォンタブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。