資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士! 民法ポイントまとめ-58- 〜不当利得〜

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

不当利得とは

不当利得とは、法律上の原因なく財産または労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼすことです。不当利得を受けたものは、これを返還する義務を負います。

[例]

  • Aは自己の所有する時計をBに売却して引き渡した。
  • その後Aが売買契約を取り消した。

この場合、AB間の時計の売買契約が取り消された以上、Bが時計を所持している「ことについて法律上の原因がありませんので、BはAに対して時計を返還しなければなりません。

不当利得成立の要件

不当利得が成立するには以下の要件を満たす必要があります。

  1. 受益者が他人の財産または労務によって利益を受けたこと
  2. 他人に損失を与えたこと
  3. 利益と損失の間に因果関係があること
  4. 法律上の原因がないこと

不当利得の特則

法政策状の判断により、本来ならば成立するはずの不当利得返還請求が成立しない場合があり、これを不当利得の特則といいます。

非債弁済

債務の弁済として給付をしたものは、その時において債務が存在しないことを知っていた時は、その給付したものの返還を請求できます。

期限前の弁済

債務者は、弁済期にない債務の弁済として給付をしたときは、その給付したものの返還を請求することができません。

他人の債務の弁済

債務者でないものは錯誤によって債務の弁済をした場合、弁済者は給付した物の返還を請求することができます。

不法原因給付

不法な原因のために給付をしたものは、その給付したものの返還を請求できません。

未登記建物は引渡しが、既登記建物は所有権移転登記が給付に該当します。

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォンタブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。