資格取得サラリーマンの気まぐれblog

資格取得サラリーマンの気まぐれBlog

会社に頼らず生きていくために

独学で行政書士! 憲法ポイントまとめ-7- 〜人身の自由〜

f:id:kig58od2:20190528205900j:plain

 

 奴隷的拘束及び苦役からの自由

奴隷的拘束とは、自由な人格者であることと両立しない程度の身体の自由の拘束状態であり、監獄部屋などがその例です。

奴隷的拘束は絶対的に禁止されています。

意に反する苦役とは、本人の意思に反して強制される苦役のことであり、徴兵制がその例です。

犯罪による処罰の場合は例外的に許されています。

法定手続の保障

憲法31条の文言では、手続のほ法定のみを要求していますが、法定された手続の適正、罪刑法定主義、法定された実体規定の適正を要求していると考えるのが通説とされています。

  • 第三者所有物没収事件:違憲
  • 成田新法事件:合憲
  • 条例による刑罰:合憲

被疑者・被告人の権利

被疑者の権利

無実の者を不当に拘束することを阻止するため、逮捕するためには司法官憲が発する令状が必要とされています。これを令状主義と言います。

被告人には、自己の不利益な供述を強要されない黙秘権が保障されています。

  • 川崎民商事件:合憲

番外編:独学では不安な方へ

このポイントまとめでは、独学者をメインに備忘録も兼ねて記載していきますので、

初学者の方は通信講座で基礎固めをするのが近道かもしれません。

特に忙しい社会人の方は勉強時間を確保するのが最大の課題かと思いますので、

隙間時間に勉強ができるオンラインサービスの活用も検討してはいかがでしょうか。

PCでの動画視聴はもちろん、スマートフォン、タブレットでも学習が可能です。

講義音声を無料でダウンロードできるものもありますので、運転中や徒歩移動など、本来音楽を聴いていた時間を学習時間にすることができます。

また、一部講座においては、講義動画、資料などをUSBデータで購入することもでき、オフライン環境でも学習ができるものもあります。

ご参考まで。