資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

iPadは忙しい社会人に最適な独学最強ツール!

f:id:kig58od2:20200216162256j:plain

今回は独学におすすめな最強ツールをご紹介したいと思います。

タイトルにもある通り、iPadです。

社会人になってからいろいろな資格取得を目指していますが、

紙ベースで勉強することがなくなったと言っても過言ではないほど重宝しています。

この記事を書いた人
20200404185151
資格取得サラリーマン

早稲田大卒⇨東証1部上場企業の社畜営業マン。
会社の看板なしでも活躍できるスキルを得るため、資格取得を通じて効率的な勉強法を模索中。
座右の銘は「自反而縮雖千萬人吾往矣」
取得済資格 【行政書士、ビジ法2級、FP2級、AFP、ITパス】

iPadが最強ツールである理由

 先日、このようなツイートをしました。

最強の理由はこれに尽きます。

もし仮に、iPadを高校時代に持っていたら、もっと勉強が捗ったと思います。

東大に行けたかどうかは別ですが。

iPadのメリット① 大量のテキストを持ち運べる

f:id:kig58od2:20200216162752j:plain

何かの勉強を始めた時、まずテキストを購入しますよね。

  • 基本テキスト
  • 基本問題集
  • 応用問題集
  • 資料集
  • 過去問

パッと思いついただけでもこれだけあります。

ものによっては1冊数百ページという超大作という場合もありますので、持ち運びは現実的ではありませんよね。

学生ならまだ別ですが、社会人が通勤途中に勉強したいからと言って持ち運ぶかというと、答えはNOだと思っています。
そこで登場するのがiPadです。

大量のテキストをデータにして持ち運ぶことができます。

「電子書籍が見れる端末ならいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、iPadであるべき理由は後述します。

iPadであれば、カバンに入れて持ち運んでもかさばることもないでしょう。

好きな時に好きなテキストにアクセスできますので、勉強する場所を選ばなくて良いというのが最大のメリットになります。

iPadのメリット② ノートが取れる

f:id:kig58od2:20200216163036j:plain
これがiPadでなければならない理由になります。

テキストを電子書籍として読むだけであれば、正直どのタブレットでもOKだと思います。

ただ、勉強をする際にテキストの読み込みだけで完結する天才はごくわずかではないでしょうか。

私を含めて、大抵の方は、問題集や過去問を解いたり、要点をノートにまとめたりした経験があるはずです。
これを代用するべく活躍するのが「Apple Pencile」です。

当初はiPad Proで使用できるデバイスでしたが、最新モデルではiPad Airでも使用可能となっています。

iPadには2画面表示できる機能が搭載されていますので、片方を問題集、片方をノートとして活用することができます。

この方法を使えば、

  • テキストを読む
  • 問題集を解く
  • 誤答をテキストで再確認する
  • ノートにまとめる

と言った一連の流れを完結させることができます。

このようなデータをクラウド上に保存しておけば、iPhoneで確認することもできますので、その利便性はグッと向上します。

iPadのメリット③ データの管理が容易

f:id:kig58od2:20200216162908j:plain

実際に学習を進めて行くと、要点集や誤答問題まとめなどをオリジナルで作成することもあろうかと思います。

紙ベースで勉強をしていると、テキストをコピーしてノートに貼り付けたり、手書きで写したりする必要がありますが、iPadならいとも簡単に編集が可能です。

実際の手順はまたの機会にご説明をしますが、テキストの必要箇所をスクリーンショットして、ノートに貼り付け、必要項目を書き込むだけです。

ページの順番や、まとめ方を後から再編集することもできますので、徐々にブラッシュアップされて行く知識を簡単に整理することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

社会人は普段ただでさえ忙しいと思います。

その時間の合間を縫って勉強時間を確保しなければなりません。

スキマ時間を活用しようにも紙ベースのテキストではかさばります。

こんな時こそiPadの出番です。

iPadは1つで全ての学習教材を持ち運ぶことができますので、時間と場所を選びません。

独学で勉強を始めようとしている社会人の方はぜひ試してみてください。

では、また!