資格取得サラリーマンの気まぐれblog

Kachi's Blog

配られたカードで勝負する。それが人生だ。

当ブログについて

はじめまして、Kachiと申します。

当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ブログでは、仕事とプライベートの両立を目指して試行錯誤する様子とともに、その過程で得た気づきを以下のジャンルに分けて発信していきます。

  1. 日々の出来事や気づき自己研鑽の進捗など(日記として毎日更新)
  2. スキルアップ関連に役立つ特化記事(転職、資格試験、英語、読書等)
  3. プライベート充実の助けになる特化記事(育児、財テク、旅行先レビュー等)

 

「そもそも誰が発信してるの?」という不安にお応えするために、まずは私の生い立ちや経歴、当ブログで伝えたいことの背景についてお話しさせていただきたいと思います。

お時間が許すようでしたら最後までお読みいただけるとうれしいです。

これまでの生い立ち

生まれも育ちもド田舎

私は生まれも育ちもド田舎で、高校を卒業するまでは地元で育ちました。

自宅から最寄り駅まで車で20分ほどかかるので、通学圏から外に出ることはほぼなし。

基本的にはどこへいくにも両親の運転する車に乗って移動するのが当たり前でした。

「自分の生活圏内=この世の全て」と思っていたと言っても過言ではありません。

高校まで公立で学ぶ

前述のようなド田舎ですので、基本的には自宅から最寄りの公立校へ通うしかありません。

中学校までは、ほぼ自動的に進学できるので、高校受験のタイミングで初めて「本気で」勉強をすることになりました。

(中学校までは、どんなに勉強ができなくても進学が可能だったので、「受験ってなに?」状態でした...笑)

この時に「偏差値」なるものの存在を知り、全国1位の学校(灘や開成)と志望校の差を目の当たりにして、「世界は広んだ...と衝撃を受けた」のを今でも覚えています。

大学受験で「結果がすべて」と知る

高校までは「努力は必ず報われる」と思っていましたし、幸いにも頑張っただけ結果が出ていました。

しかし、大学受験のタイミングで「社会に出たら結果が全てなのかもしれない」と悟りました。

どんなに不利な状況で努力重ねようとも、受験当日に合格点が取れなければ不合格になってしまうからです。

どれだけ睡眠時間を削ってたとか、体調不良(病気や怪我)でコンディションが良くなかったとか、家庭が裕福ではないのでバイトしながらの勉強だったとか、各人がいろいろな事情を抱えて受験に挑戦しているのに、です。

努力量ではなくて結果にこだわるべきだと薄々気がつき出したのはこの頃からですね。

社会に出てからは試行錯誤の連続

大学時代は早稲田キャンパスでとにかく楽しく過ごしまして、気がつけば就活時期に。

ここでもなんとか第一志望の企業から内定を獲得できたので、「なんて運がいい人生なんだ」と浮き足だっていましたね。

就職後は営業マンとしてのキャリアをスタートさせましたが、「専門性のなさ」をコンプレックスに思い、さまざまな資格試験に挑戦してきました。

(FP技能士、AFP、ビジネス実務法務検定、ITパスポート、行政書士...etc)

いろいろな勉強をしてみて思ったのは「専門性は知識+実務経験の掛け合わせで生み出されるもの」だということ。

資格試験の勉強で得た知識というのは実生活でも役に立つことが多かったですが、「仕事に直結するか」というとそうではありませんでした。

(もっと端的にいえばお金にならなかったということです)

ライフイベントを経て人生について考える

仕事をしながらいろいろ勉強をしているうちに、素敵なパートナーと結婚し、2人のこどもに恵まれて、30歳迎えておりました。

家族が増えたことで「どんな人生にしたいか」を改めて考えてみました。

自分のために時間を使えば使うほど、家族との時間は少なくなっていくというトレードオフに向き合う必要が出てきたからです。

これまで通りの時間の使い方は、今のライフスタイルにマッチしないんですね。

「家族と幸せに楽しく暮らす」というのが根底にありつつも、「自分自身のスキルアップも欠かさない(理想の自分追いかける)こと」も大切にしたいと思いました。

簡単にいえば、仕事とプライベートを両立させることが、自分の人生の満足度を高めてくれるということです。

言うは易し行うは難しとは、まさにこのことですね。笑

当ブログで伝えていきたいこと

勉強で人生は変わる

私は、人生を変えるには勉強するしかないと心の底から思っています。

ここでいう勉強は「机に向かってするもの」だけではなくて、仕事や日々の暮らしの中からの学びであったり、交友関係や旅行などでインスピレーションを受けたりすことも含みます。

理想の自分へ近づくためには、好奇心を大切に何事からも学ぶ姿勢が重要だと考えているからです。

ド田舎出身の私が、今のような環境に身を置くことができているのは、間違いなく勉強をしてきたおかげです。

高校受験にしろ、大学受験にしろ、就活にしろ、資格試験やビジネスの勉強にしろ、今までやってきた勉強で無駄になったものは何一つとしてないですし、勉強したことを後悔したことはただの一度もありません。

繰り返しになりますが、人生を変えるには勉強するしかないと強く信じています。

頑張れるのは家族のおかげ

理想に自分に近づくために、仕事や勉強に打ち込めるというのは非常に恵まれていると思います。

私には2人の子どもがいますが、妻が子育てに集中してくれているおかげで、私は毎日頑張れていると実感しているからです。

近年は世の中的にも男性の育児参加が叫ばれていますが、社内外で話を聞いたり、育休取得の状況を見る限りでは、まだまだなのかなと感じますね。

我が家の現状としては、妻からの絶大なサポートをもらえている状況なので、言い訳なんてせずにとにかく頑張るのみです。

家族のおかげという視点を忘れずに、休日は外食や旅行に出かけたりして、プライベートの時間充実させていきたいと思います。

なお、今は妻がメインで育児をしてくれていますが、彼女にもやりたい仕事があるので、時期が来たら全力でサポートします。

仕事とプライベートの両立=人生の充実

「どんな人生なら悔いがないか」「どんな人生を過ごしたいか」を考えたときに、「仕事とプライベートの充実がカギだ」という結論に至りました。

理想の自分に近づくために、勉強を継続して知見を深めると同時に仕事で結果を出す。

プライベートを充実させるために、休日は家族のためにとことん時間を使う。

これらを両立することが、私の人生を充実させるには必要だからです。

一方で、言うのは簡単ですが、時間的・物理的・経済的な制約があることも事実です。

自己啓発本や時間ハック本を読み漁って気づいたのは「その時々でできることを最大限やるしかない」ということ。

到底無理な目標を気合いで何とかしようすると、必ず心身共に調子を崩すだけなので、優先順位をつけてコツコツ継続あるのみです。

最後に...当ブログでの発信内容を再掲

仕事とプライベートの両立を目指して試行錯誤する様子とともに、その過程で得た気づきを以下のジャンルに分けて発信していきたいと思います。

  1. 日々の出来事や気づき自己研鑽の進捗など(日記として毎日更新)
  2. スキルアップ関連に役立つ特化記事(転職、資格試験、英語、読書等)
  3. プライベート充実の助けになる特化記事(育児、財テク、旅行先レビュー等)

Twitterでも発信をしていますので、フォローをしていただけると励みになります!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

プロフィール
id:kig58od2 はてなブログPro
ブログ投稿数
585 記事
読者