資格取得サラリーマンの気まぐれblog

会社に頼らず生きていく

〜サラリーマンこそ知識武装〜

【継続決定】多忙を極める20代会社員がアメックス•プラチナについて思うこと。

今回はアメックス・プラチナ・カードについて取り上げてみます。最近、「年会費が14万円もするカードを保有し続けていいものか」と悩んでおりました。独身ならまだしも、結婚して子どもがいるので、余計な出費は少しでも抑えたいところです。そんな中、カード更新の時期が来ましたので、更新可否については、判断基準を「自分が満足するか」ではなく、「家族との時間を楽しくさせるものかどうか」におきました。普段はどうしても仕事や勉強が優先になってしまうので、休日くらいは家族との時間を思いっきり楽しみたいと思っているからです。いろいろ検討を重ねて、今年もカード更新をすることにしましたので、思うことをまとめてみます。

 

 

 

年会費は高くない

年会費143,000円と聞いてどう思いますか?私の第一印象は「いやいや高すぎでしょ。誰が持つのこんなカード。」です。笑 年会費無料で高還元率のカードがたくさんあるのに、なんでわざわざ年会費を払う必要があるのか謎でした。

 

そんな私の気が変わったのはインビテーションをもらってから。今では誰でも申込み可能ですが、当時は招待制でしたので「このチャンスを逃してはならない!!!」と背伸びしまくって申込書を書いたのを覚えています。笑 年会費14万って冷静に考えたらやばいじゃないですか。ただカードを持ってるだけで、毎月1万円以上かかる計算ですよ!?巷の口コミでよく目にするデメリットが「年会費の高さ」に集中するのも頷けます。

 

ただ裏を返せば年会費以外のデメリットは少ないということ。特に、多忙を極める社会人で、旅行や外食が大好きという人には絶大なメリットがあります。(理由は後述)充実しすぎたカード特典のおかげで、年会費以上の恩恵を受けることができるからです。私自身、コロナ禍も経験してますが、カードを保有してから年会費を回収できなかった年は1度もありません。

 

ただ、ひとつだけ注意点をあげるとすると、「特典を受けるには相応の出費が伴う」ということ出費を抑えるための特典というよりは、支払額は同じでもより良いサービスが受けられるというイメージです。しっかり使いこなすことができれば、年会費以上の恩恵を受けることができますので、旅行好きや外食好きの方には是非とおお勧めしたいカードのひとつです。

 

 

 

もはやクレジットカードではなく会員権

年会費回収できるほどの特典があると聞いても、年会費14万円って高すぎですよね。その気持ちめちゃくちゃわかります。笑 カードが届いて爆上がりしたテンションが、年会費を思い出して地面にのめり込むくらい下がったのを覚えてますから。そりゃそうですよね。クレジットカードに14万円って意味不明です。

 

ただ、かれこれ数年使って分かったのは、アメックス・プラチナ・カードはクレジットカードではないということ。イメージとしては、「クレジットカード機能のついた会員権」が近いですね。

 

豊富な特典は公式ホームページに譲るとして、ひとつわかりやすい例をあげると、「ホテル上級会員資格の付与」があります。本来は「宿泊回数の多いお得意様向け」の特典ですので、年間で50泊とかしないと付与されないものです。しかし、アメックス・プラチナ・カードを持っていると、皆さんもご存じであろう、マリオット、ヒルトン、ラディソン、プリンスといった高級ホテルグループの上級会員に無条件でなることができます。受けられる特典としては、客室アップグレードや朝食無料、レイトチェックアウトなどがあります。チェックイン時や朝食会場などには上級会員専用のレーンが用意されていて、混雑時でも待ち時間少なく案内してもらうことができるので、非常に快適な滞在となります。

 

今までは、「宿泊先なんて寝れればなんでもいい」と思っていましたが、これらの特典を知ってからは「宿泊先も旅行の楽しみのひとつ」になりました。特に、結婚して子どもが産まれてからは、旅行時に色々と制約が多いので、「宿泊先でも楽しめる」というのが非常に重要なポイントになっています。

 

間違いなく人生を豊かにしてくれる

「高額な年会費を払って高級ホテルに泊まる意味がわからん。」と思われるかもしれません。私も同じことを思っていたので、気持ちはよくわかります。ただ、今となってはアメックス・プラチナ・カードのおかげで、人生が豊かになったと思っています。なぜなら、今まで知らなかった世界をたくさん知ることができたから。

 

例えば一人旅をする際の宿泊先は極端な話、「寝泊まりができればOK」のはずです。1泊2,000円のカプセルホテルでもいいはずなのに、なぜ、1泊5,000円のビジネスホテルを選ぶのでしょう。それは「ビジネスホテルの方が快適だ」と言うことを知っているから。一方で1泊30,000円の高級ホテルを選ばないのは「自分ひとりで泊まるにはもったいない」から。

 

これが年に1回の家族旅行となれば話は別です。普段は時間がなくてなかなか会えない家族との大切な旅行です。できることなら「より快適」に「より満足度高く」過ごしたいですよね。私はそんな時こそ、何の迷いもなく1泊30,000円のホテルを予約しています。観光地巡りはもちろん、ホテル滞在中にも楽しめることがたくさんあるからです。一緒にレストランで夕食を食べて、広々とした客室でぐっすり眠って、豪華な朝食ビュッフェを食べて、ジムで軽く運動して、ゆっくり昼過ぎにチェックアウト。上級会員の特典のおかげで、我が家では宿泊先すらも観光地化しています。笑 

 

これはあくまで一例ですが、特に若いうちに多くを経験して、自分の価値観で要不要を判断できるようになるというのは、メリットが大きいと思います。何事も経験もせずにイメージだけで語るのはもったいないですからね。アメックス・プラチナ・カードの特典を活用すれば、簡単に非日常を味わうことができます。レストランの食事が1名無料になったり、空港ラウンジが無料で使えたり、ギフトや旅行プランをコンシェルジュに相談したり…etc、プライベートが充実すること間違いなしです。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はアメックス・プラチナ・カードについて率直に思うことをまとめてみました。かれこれ4年以上使っていますので、「ポジティブなレビュー」になっていることは容易に想像がつくと思います。正直な話、アメックス・プラチナのおかげで経験できたことが山ほどあります。一方で、「これは自分には全く必要ないな」と判断できたものもたくさんあります。やはり実際に経験してみた上で、「自分の価値観と照らし合わせてどうか」判断がつくようになったのは良かったなぁと思います。

 

一方でデメリットはというと、やはり「高額な年会費」ですかね。年会費を回収できるだけの特典が用意されているとはいえ、年会費は毎年かかる固定費ですので、金額が抑えられるのではできるだけ抑えたいと言うのが本音です。笑 ただ総合的にみてみると、やはりメリットの方が大きいので、今後も継続して保有していきたいと思っています。いろいろレビューできればと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。では、また!

 

この記事を書いた人
20200404185151

 

Kachi@仕事&子育て&資格

 

早稲田大卒。東証一部上場企業の営業マン。1児の父。

仕事・育児・資格勉強の両立に挑戦中。

日々の学びを週2回ブログ(土日更新)で発信しています。

目標は士業として独立すること。

趣味はホテルステイ。アメックス・プラチナ特典をフル活用。


【取得済み資格】
・行政書士
・ビジネス実務法務検定2級
・FP技能士2級
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・ITパスポート

【勉強中の資格2022】
・社会保険労務士
・簿記2級